2018/10/10

弘前のあけびかご 御礼と会期延長のお知らせ

弘前のあけびかご
会期中、たくさんのご来場
本当にありがとうございました。

展示品の返却まで少し猶予をいただきましたので
大きめのカゴと手提げを中心に
引き続き来週15日(月)まで
店頭でご紹介することが
できることになりました。

とくに大きなサイズのものは
このような機会でのみ
ご紹介することができますので、
ご興味ありましたら、
是非お立ち寄りください。

以下は現在も店頭でご紹介しております。

脱衣かご

楕円かご・特大


皿・小

手提げ

花かご

果物かご



2018/10/07

弘前のあけびかご 4日目



昨日今日と、不安定な天気のなか
ご来店本当にありがとうございました。

早くも展示は明日が最終日。

駆け足ですが、
家のなかで使える手つきのバスケットや
物いれを中心にご紹介してまいります。

持ち帰ってお家の中で使う際にイメージ
しやすくなるよう
サイズも記載いたしますので
参考までにご覧ください。

※一部、過去の同手のものの写真がございますが
サイズは実測したものです。

 〈バスケット・角タイプ〉
ハンドル付・中 32cm×25cm 高さ20cm

ハンドル付・山 36cm×20cm 高さ19cm

両手付 40cm×32cm 高さ16.5cm

物入れ 32cm×23cm 高さ20cm

その他
脱衣かご 56cm×40cm 高さ16cm
ハンドル付・大 44cm×30cm 高さ21cm

---

〈バスケット・丸タイプと円筒タイプ〉
中 31cm×29cm 高さ13cm

大 40cm×34cm 高さ20cm

円筒型 底径28cm 高さ25cm

 〈収納かご・楕円タイプと丸タイプ〉
楕円物入れ・特大(ベタ底) 50cm×42cm 高さ13cm

その他
楕円物入れ・特大 50cm×45cm 高さ12cm
丸かご・中 直径36cm 高さ15cm
丸かご・大 直径42cm 高さ18cm

あけびの収納は
ひとつでも家のなかにあると
ぐっと印象が自然に
和らぐように感じます。

もしお探しのサイズに近いものがございましたら、
是非手にとって、ご検討ください。

弘前のあけびかご
10月8日(月・祝)まで

2018/10/05

弘前のあけびかご 2日目


展示2日目。
連休前ということで
遠方の方や帰省の方も
多くお見えになりました。

物入れなど
完売するかごも
でてまいりましたが
今回も沢山ご用意いただいておりますので
是非手にとってご覧ください。

今日は只今ご紹介している手提げをご覧ください。

まずは昨年夏に初めてご紹介してから
多くの方にご覧いただいている
丸底のバスケット。


真ん中に透かしの入ったかたち


みだれ編み

畝編み

他にも手提げは
様々な編み方、かたちがあります。

こだし編みや透かし入りの
手提げは内袋や風呂敷、布を使って
その日の気持ちや服にあわせて
コーディネートするのも楽しみのひとつ。






シンプルでどんな時にも使い易い
意匠のもの。





ころんとした胴の丸み、
編み方の変化や持ち手のあしらいが楽しいもの。

沢山のかごを見比べたり
色々手にとって想像できることは
このような機会ならではのことです。

是非手にとって
あれこれ想像して頂けたら
嬉しいです。

弘前のあけびかご
10月8日(月・祝)まで

2018/10/04

弘前のあけびかご 1日目

直径50cm。 大きなトレイとあけび蔓


今日は3回目の
弘前のあけびかご 
初日でした。

楽しみにお待ち下さった方や
偶然お越しになった方など
それぞれ愉しんで下さったように
感じます。
お越しくださいまして、
ありがとうございました。

今回は100点強のあけび細工を
ご紹介することができました。

その中には新しくご紹介するものも
数多くあるのですが、
今日はそのなかから、
編み手の方と一緒に話し合って
できたかごをご紹介して参ります。

角物入れ

果物かご


どちらも縁が笊縁仕上げで
口に独特の丸みを帯びていて
良い佇まいです。


針山

こちらはLigne.の
アンティークリネンを繋いだ
ピンクッションが
はいった小さなかご。


楕円と四角のかたち。
俯瞰でみると
それぞれが額縁のように
布と糸で織りなす線と
調和しています。

"弘前のあけびかご"
8日(月・祝)まで



2018/09/29

[10月のお知らせ] 弘前のあけびかご 10.4-8





弘前のあけびかご
10月4日(木)-8日(月)

毎年ご紹介している
一人の編み手による
あけび細工のご紹介。

今年もこの季節
ご紹介することができました。

新作、定番のもの
今回も大小さまざま
ご紹介してまいります。

---

日頃来ていただいている方には
おなじみの存在となっているかと思いますが、
当店でご紹介しているあけびのかごは
一人の編み手が製作しています。

かごが好きな方で
普段からさまざまなかごを暮らしに取り入れ
使い手を考えながら、
新しい形、そして今までの形を
文字通り編み出しておられます。

かごの意匠は端正でありながら
丸みを帯びた優しいかたち。

期間中はこちらでも展示品を
ご紹介してまいりますが、
1点ずつのものも多くございますので
是非お運びのうえ、
手にとってご覧いただけましたら
とても嬉しいです。

こちらでも、ディスプレイなどもまじえて
これからご紹介してまいります。

過去の展の様子はこちら








2018/09/08

Forest shoemaker in THE STABLES 8日目

今日もありがとうございました。

長らくご紹介してまいりました
Forest shoemakerの靴のご紹介も、
あと2日を残すのみとなりました。

プエブロレザーの靴とならんで
今回初めてご紹介している
オイルスウェードの靴。


独特のマットな質感。
履き込むことで
味わいがさらに増していきます。



オイルスウェードのみ
アウトソールはリッジウェイソールを
採用しています。

悪路を歩くためにつくられた
クッション性の高い
イギリス製のソールです。



同じタイプの靴でも
指定する革が違うと
また意匠も大きく異なった印象があります。

なかなか機会のないことですので、
ブログやSNSをご覧になって
気になっておられる方は是非お試しください。

Forest shoemaker in THE STABLES
10日(月)まで

2018/09/04

Forest shoemaker  プエブロレザーのこと


先週8月31日(金)からの
Forest shoemaker in THE STABLES

松下さんの在店した
最初の3日間は
前回ご注文いただいたお客様や
初めての方も多くご来店いただき
ありがとうございました。

ひとりひとりフィッティングや
お話をしながら
靴を選んでいただいたのですが
皆さんそれぞれに靴については
気になること悩んでいることが
多いのだなあと
感じる場面が多くありました。

それだけ真剣に
自分の足に合った靴が欲しい
という強い気持ちを感じたからです。

松下さんも
相手の気持ちを汲み取るような
丁寧な言葉のキャッチボールをしていて、
真っ直ぐなやりとりに
とても気持ちよく嬉しい気持ちになりました。

松下さんは長野に戻られましたが
来週10日(月)まで
引き続き注文をお受けしております。

週末ご都合がつかなかった方も
是非この機会に足を通してみてください。

---

今日から少しずつ
新しい仕様のものを
ご紹介していきたいと思います。

今回は革の種類やソールが
選べるようになりましたが
その中のプエブロレザーについて
ご紹介します。

今までは厚くしっかりとした
オイルレザーのみでした。

丈夫で履き込むことで
その人の足の形になっていく
とても良い革ですが
馴染むまでは固さがある為
慣れるのに時間がかかる点があります。

その点、プエブロレザーは
オイルレザーよりも少し薄いので
軽く履いたときから馴染むような
柔らかな質感。

年配の方や
履き込むことを躊躇してしまうような方
にもおすすめ出来るものです。

写真上 プエブロレザー
下 オイルレザー

表面はわざと毛羽立たせるような加工がしてあり
最初は少しざらっとした質感ですが
時間が経つと革が寝てツヤが出てきます。
革の色もだんだんと濃くなっていく
経年変化が楽しみな素材です。

こちらの3色から

また通常の革と比べて
油分を多く含んでいますので
お手入れが楽で、水にも強いという
革の中でも気軽な感じがあります。


オイルレザーのものと比べると
質感の柔らかさもあるのか
靴の雰囲気も優しい印象です。

革靴の重さや最初の履き込みに
抵抗がある方にはもちろん
素材としても魅力的な革ですので
ご興味ありましたら
是非店頭でご覧下さい。