2019/04/17

[4月のおしらせ] 安部 太一 陶展 4/27〜5/13


TAICHI ABE 
POTTERY EXHIBITON
安部太一 陶展

4月27日(土)-5月13日(月)
※作家在展日 4月27日(土)
会期中 4月30日(火)・5月7日(火)休

細部にわたって美しさを湛えている、安部太一さんの器の世界。
当店では3年ぶりのご紹介です。ぜひこの機会にご覧ください。

27日は盛岡から喫茶cartaの二人をお招きして
break time(ブレイクタイム)と題して、
安部さんの器を選びながら
珈琲やお茶で一息つける機会を設けます。

展示のスペースで、器をじっくりご覧いただきながら
飲み物もお召し上がりいただけるという
ようなイメージです。
器えらびの合間に、ぜひご利用ください。

上に記しましたとおり、break timeは
展示企画の一部でありますので、
展示を愉しんでいただいた上で
ご利用をお願い申し上げます。

---

[4月27日 展示初日のお願い]

また、弘前さくらまつり期間中で
満開になる日との予想が出ていることもあり
27日は時間帯によって、
たいへん混み合うことが予想されます。

店舗スペースや人員の都合上
ご家族、ご友人をたくさん連れ立ってのご来店が続いた場合
十分な対応ができない場合がございますため
時間帯によってはお子様を含む3名様以上でのご来店を
制限する場合がありますこと
予めご了承くださいますようお願いいたします。

また、ご来店の際は近隣の有料駐車場
ご利用をお願いいたします。
(遠方からご来店の方は
こちらもご一読くださいますようお願いいたします。)

いろいろとお願い事ばかり記してしまい
申し訳ございませんが、
ご覧になりたい方が皆、気持ちよく見ることができる
環境を作りたいと考えているゆえでありますので
どうかご理解を賜りますよう
よろしくお願いいたします。

安部さんも前回の展示より
たくさんの器をご用意して下さる予定です。
ぜひこの機会に、ご覧下さい。

とても、楽しみです。






2019/04/04

ANTIQUE BEADS ACCESSORY & INDIAN FABRICS ありがとうございました。



ANTIQUE BEADS ACCESSORY
 & 
INDIAN FABRICS

冬のような寒さが戻り
不安定なお天気の中
お運びいただき
どうもありがとうございました。

会期中は
布やアクセサリーなど
それぞれに楽しみながら選んでいただけて
とても良い機会だったなと思います。

---

chahatは逗子、鎌倉、沖縄
海のそばにあるお店です。

洗いざらしの布や
いびつなビーズのアクセサリーを見ていると
お店の佇まいと重なって
飾らないそのままのかたちが
chahatなのだなと思います。



会期中に
こちらでご紹介できなかった
インドの手縫いハンカチ。

手織りの布と
ラフな手縫いのステッチが
素朴でおおらかで
展示に並んでいるものの中でも
特に好きでした。

こちらは引き続き
常設でご紹介しておりますので
ご来店の際に触れてみて下さい。

アクセサリーと一緒に
ホームページにも掲載しておりますので
遠方でお越しになれなかったお客様にも
お楽しみいただけると嬉しいです。



2019/03/28

ANTIQUE BEADS ACCESSORY & INDIAN FABRICS 7日目


先週からはじまって
今日で1週間が過ぎました。

たくさんある中からも
それぞれに自分に似合ったものを
見つけて選んでいる様子を見て
とても嬉しく思います。

アクセサリーも布のものも
今回は、沢山ご用意いただきましたので
まだまだ見ていただけます。

残り3日間となりましたのでこの週末
是非ご覧ください。

---

今日は、
今回評判のよい
シルバーや真鍮のビーズを使ったシリーズを
ご紹介致します。

真鍮のビーズは
chahatのオリジナルで
ネパールで製作されています。



ネックレス、ロングネックレス
ブレスレット、アンクレットがあります。



落ち着いた雰囲気と色合いなので
どんなお洋服とも合わせやすいです。

---

シルバービーズは
タイのカレン族による手仕事です。


形がどこか不揃いですが
そこに表情があって
親しみを持てるような気がします。






華奢な印象なので
他のブレスレットやバングルなどと
合わせても。


シルバーや、真鍮のものは
色がついたビーズよりも
馴染みがあるのか
手に取って下さる方も多いように感じます。

華奢なもの、存在感のあるもの
いろいろと種類がありますので
お試しになってみて下さい。

rie shikiya 
ANTIQUE BEADS ACCESSORY  
chahat
&   INDIAN FABRICS 

31日(日)まで

2019/03/25

ANTIQUE BEADS ACCESSORY & INDIAN FABRICS 4日目


冬に逆戻りしたような寒さのなか
お越しいただいた皆様
ありがとうございました。

寒い中も楽しみに
じっくりと見て下さっていて
嬉しく思います。

今日はヴィンテージのカンタ(刺繍布)を
ご紹介します。

今回ご紹介しているカンタは
古いサリーを使って作られているもの。

インドでは先祖から代々受け継がれ
繕いながら使い続けます。

表裏で全く表情が違っていたり
繕った跡があったり
一枚一枚にその家の背景が見えるような
大切に育まれてきた布であることが
感じ取れます。








鮮やかな色が褪せた感じは
時間の経過がなくては出せないもの。

大きさは、たっぷりとありますので
ソファーやベッドにかけたり
床に敷いたり、
自由に使って、愉しんで下されば
嬉しいです。

rie shikiya 
ANTIQUE BEADS ACCESSORY  
chahat
&   INDIAN FABRICS 
 
31日(日)まで

2019/03/22

ANTIQUE BEADS ACCESSORY & INDIAN FABRICS 2日目

21日(木)から
ANTIQUE BEADS ACCESSORY   &   INDIAN FABRICS
はじまりました。

初日は、楽しみにしていた方々が
悩みながらも楽しんで
選んで下さっていました。

またchahat代表の大竹さんが
ビーズの背景などお話してくださって
和やかで
よい一日でした。

お越しいただいた皆様
そして在展して下さった大竹さん
どうもありがとうございました。

---

今日は
アンティークビーズのものを
ご紹介していきます。


アンティークのガラスビーズは
インドやタイ、ネパール、アフガニスタンなど
それぞれの国の骨董屋さんで見つけてきて
それをアクセサリーに仕立てています。

タグに書いてあるのは
そのビーズが作られた
土地の名前と年代。

今回届いているものは
ネパールやインドの1900年~1930年代の
ものが中心です。


いろんな色や形がありますが
同じものはひとつも無く
それぞれに見ていて楽しいもの。


青・水色


オレンジ・茶


---

こちらは、現代のビーズですが
天然石を使ったもの

ターコイズ

ラピスラズリ

深い深い青

ものすごく小さな
いわゆるシードビーズを
特別に細い針を使って
ビーズを糸に通していきます。

華奢な感じなのだけれど
くっきりした青に惹かれます。

---



今回並んでいる
アンティークビーズのものは
展示に向けてご用意くださったもので
全てほぼ1点ものです。

会期後のご紹介は
また展示のある機会で
しばらく先になってしまいます。

気になるものがある方は
是非会期中にご覧いただければと
思います。

会期は31日(日)まで続きます。

2019/03/15

ANTIQUE BEADS ACCESSORY & INDIAN FABRICS 3/21-3/31



Rie Shikiya cnr by chahat
ANTIQUE BEADS ACCESSORY
 & 
chahat
INDIAN FABRICS

Exhibition at THE STABLES

3月21日(木・祝)-3月31日(日)
※会期中26日(火)休
24日(日)青木隼人ギター演奏会の為
16時30分閉店



3月後半は
シキヤリエさんのアンティークビーズのアクセサリー
chahatが集めたインドの布をご紹介いたします。

インド、ネパール、アフガニスタン、タイ
旅で出会ったアンティークビーズを使って
アクセサリーに仕立てるシキヤリエさん。

鈍い光を放つ、アンティークビーズは
どこか自然の中にあるものに近いような存在です。

会期中は、たくさんの色、形のものを
ご覧いただけます。

またカラフルなビーズのシリーズの他
真鍮やシルバーを使ったシリーズも
一緒にご紹介します。


シルバービーズを使ったネックレス


真鍮のペンダントトップと
蝋引きの紐のネックレス


ペタンコの丸がモチーフの
ピアスや指輪



---

そして、chahatからは
インドを旅して集められたものを
布を中心にご紹介します。


 ヴィンテージのカンタ(刺繍布)や
多用布、カディコットンや
ブロックプリントのハンカチなどが
並ぶ予定です。

シキヤさんのアンティークビーズのアクセサリーや
ヴィンテージのカンタは
基本的に展示中心のご紹介となっております。
是非この機会にご覧ください。


2019/03/12

今井 律湖 陶展 ありがとうございました


19.3.12

昨日で今井律湖展
終了いたしました。

ご来店いただきました皆様
今井さんに深く
御礼申し上げます。

会期中は多くの方に
ご来店いただきました。

それでも総じて穏やかに
それぞれのペースで
展示をご覧いただけたことが
とても嬉しく思っています。

昨年夏から展示の手法や
スペースも変わり
手探りの部分も多くありますが、
より、展示では
純粋につくり手の今
そしてその仕事に
クローズアップできるような
形にしていきたいなと
改めて、感じています。

展示が終わり
今井さんに初めてお会いした頃のことを
思い出していました。

試行錯誤しながらも
少しずつ環境を整えていること。

そのなかでできることから
ご自身の方向性をこつこつと
一歩一歩作り出している姿勢に
とても胸を打たれたことを
今でも覚えています。


当店においての
次回のご紹介は
まただいぶ先になりますが

ぜひ今後も
今井さんの仕事に
ご注目ください。